手に入れれば最強の義歯であるインプラント

>

心身ともに健康体で治療に臨みましょう

現在の体調と相談をしましょう

治療を行う前にもう一つ重大な不安要素があります。
まずは服用している薬または患っている疾患についてです。
特に動脈硬化、糖尿病、肝臓病、腎臓病、骨粗しょう症などを患っている場合は医師とよく相談をする必要があります。その状態でインプラント手術をすることで結果的にインプラント治療の失敗や他の不調が現れてくることにつながってしまうケースもあるからです。
また喫煙者も注意が必要です。喫煙は免疫を減少させ口内の細菌を増やしたり、血流が悪くなるので傷が治りづらいなどのデメリットがあります。
その他にも貧血、狭心症、心筋梗塞などを患っている方はインプラント治療に適さないこともありますのでまずは医師に相談をしましょう。

術後は安静にしましょう

いよいよ手術が間近に迫ってきたら緊張も一塩ですね。施術前にも控えておきたいことなどがありますので確認しておきましょう。
まずは体調管理をしっかり行っておきましょう。風邪などを引いて鼻で呼吸ができなくなると口を長い時間空けているのに苦しい思いをします。
お酒やタバコも控えたいですね。せめて施術前の1週間程度は控えましょうね。
術後も制限されることがあります。食事の際はなるべく柔らかい食べ物で施術した反対側の歯で噛むようにしましょう。
長時間の入浴も控えなるべくシャワーにしましょう。施術前にも我慢していた飲酒に喫煙こちらもしばらくは控えたほうがよいでしょう。とにかく体に対して刺激になるものをなるべく避け安静にすることがインプラントを安定させます。
人によっては長い長い自分との闘いになります。ですがインプラントを手に入れたときの姿を想像して前向きな思考で取り組んでいくことが大事です。


この記事をシェアする