手に入れれば最強の義歯であるインプラント

>

インプラントのリスクを減らすには

最大の失敗は医者選び?

インプラント手術は実際のところ完璧なものではありません。時には失敗をすることがあります。手術後に痛みや膿が発症したり、歯がグラグラになってしまったというケースもあります。その最大の原因は医師の技術不足によるところが大半を占めているようです。
インプラント手術の最大の失敗は「医師選び」と言われるほど技術や経験に長けた医師でなければ難しい施術だということが感じられます。
医院を決定するにあたり「インプラント認定であるか」「カウンセリングが充実しているか」「院内の設備や衛生管理が整っているか」などを確認する必要があります。費用も時間もかかるインプラント手術です。住宅や車を購入する際相見積もりをするように、セカンドオピニオン、サードオピニオンも視野に入れておいてもいいでしょう。

術後のメンテナンスなくして成功はない

再三申し上げていますがインプラントの手術は長い時間がかかります。術前から術中はもちろんのこと、術後も意外と長い時間歯科医院のお世話になることになります。
インプラントは材質上虫歯になることはありませんが、歯周病になってしまうと大変です。歯周病は土台となる骨を溶かしてしまうのでせっかくの費用と時間をかけたものが機能しなくなり非常にもったいなく悲しく悔しい思いをすることになります。
それを防ぐために3か月~6か月程度を目安にメンテナンスに通いましょう。
歯周病以外にもインプラント周辺の炎症がないかのチェックや噛み合わせの状態を確認することも行います。
歯科医院で定期点検を行うのはインプラントを行った人に限ったことではありませんが今まで費やしてきた苦労を考えれば絶対的にインプラント保持者は術後のことも視野に入れて計画に臨みましょう。


この記事をシェアする